チャットレディは業務委託!確定申告についてや注意点とは? | チャトレのお役立ちコンテンツチャトレのお役立ちコンテンツ

ライブチャットレディ求人「Alice」

アリスなら日払い・高収入の報酬が可能です

  • 天神店
    0120-092-791
  • 博多店
    0120-931-481
  • 薬院店
    0120-006-650

チャットレディは業務委託!確定申告についてや注意点とは?

チャットレディの業務委託│業務請負契約って何?確定申告の不安や注意点について解説

チャットレディは業務委託!

チャットレディは上限なく稼ぐことができ、シフトも自由に決められるという夢のような高収入アルバイト求人です。ライブチャットサイトの運営会社と直接雇用契約を結ばずに、個人事業主として業務委託契約をしているからです。

個人事業主ということは、確定申告や自分自身で納税をすると言う必要が出てきます。確定申告をしなくてもバレないという噂を聞いた人もいるかもしれません。

実際の業務請負契約はどんなものなのでしょうか。徹底解説していきましょう。

チャットレディは業務委託だから確定申告が必要?注意点もあり

一般的なアルバイトや会社員は、源泉徴収を会社に行ってもらうことができます。源泉徴収とは、会社が社員の代わりに税金を納めるために毎月少しずつ給料からお金を引いておいてくれるものです。給与所得を得ている人が受けることができます。

引いておいたお金はその人が納めなければいけない税金を支払うために使われます。これを毎月自分でやるとなると、手元にあるお金に手をつけないという管理が必要になってしまいます。

面倒なことを代わりにしてもらえる素晴らしい制度なのです。ただ、チャットレディのような業務委託の仕事は、この源泉徴収を行ってもらうことができません。報酬は事業所得であるため確定申告を自分で行い、自分で納税をする必要があるのです。

チャトレの確定申告についてご紹介していきます。

一定の金額を稼いだら確定申告必須

確定申告をしなければいけないのは、個人事業主がある一定の報酬金額を稼いだ場合です。所得の基本的な収入がある場合、扶養控除の適用していない場合にはその必要が出てきます。

報酬を稼いだのであれば確定申告を行ない、所得税や住民税などの税金を納める必要があるのです。
一定の金額を稼いだらと言いましたが、何があるかわからないのでその金額を稼いでいなかったとしても確定申告する方がいいでしょう。

基本的には確定申告は必須だと思っておいてください。

確定申告をしなければ脱税に

確定申告をするべきなのにしなかった場合、同時に払うべき税金を払わなかったということになります。これは立派な脱税行為です。

また、その後税金を払うことになった場合本来の納税額より多く支払わなければいけない「無申告課税」というものが課されてしまう危険性があります。

確定申告をしなくてもバレないという情報を目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。正直何年もバレないで高収入を得ている女性は実在するかもしれません。ただ、それが後からバレたことによって無申告加算税を支払うことになったという人もいます。

ライブチャットサイトに自分で登録していて、入金先が海外なので税務署にバレないという勝手な判断から脱税している人もいます。海外からの入金でも税務署は確認することが可能なので、それは大きな間違いです。

せっかく身バレ顔バレ対策を徹底していたとしても、無申告で居た事が理由で家族などに働いていることがバレてしまう可能性もあります。
旦那さんの扶養に入っている場合、旦那さんが脱税行為をしたということにもなりかねません。

確定申告をしないことの代償はとても大きいので、バレるかバレないかではなくということを徹底して行きましょう。

また、副業としてチャットレディをしている人は、確定申告をすることで会社に副業がバレてしまうと思っている人もいるかもしれません。
確定申告で住民税の徴収方法を特別徴収ではなく普通徴収を選択することで、会社バレは防ぐことができます。

無申告であることがばれてしまう方が大変なことなので、正しい判断をするようにしてください。

源泉徴収と代理店の関係

チャットレディのような業務委託の仕事は源泉徴収をしてもらうことができないという話をしました。基本的には源泉徴収が行われることはありません。

しかし、代理店の中には源泉徴収という名目で報酬の数パーセントを搾取している悪質代理店もあります。実際には源泉徴収を行っておらず、報酬から数パーセント引かれてしまった上に、さらに納税も行わなければいけなくなってしまうでしょう。

こういった悪質な代理店の被害に遭わないためにも、源泉徴収票がもらえるかどうか確認をするようにしましょう。
もし渡してもらえない場合は、不正を行っている場合があります。その際は税務署へ相談してみることをおすすめします。

支払調書を保管しよう

確定申告する際は領収書などの証明書類等は提出しません。しかし、帳簿の内容を証明する書類は保管しておくルールになっています。
すぐに必要がなくても、後々税務署の人が税務調査にやってくるということもありえるのでしっかり保管しておきましょう。

チャトレでの受け取った報酬は、払い元である運営会社が用意する支払調書というものが証明書になります。
運営側も各女の子に支払った金額をしっかり申請しているので、お互い受け取った金額と支払った金額が合っているかの確認にもなります。

運営会社が支払い調書を用意しない場合は違法行為です。こういったことが起きた場合は税務署に相談するようにしましょう。

チャットレディが業務委託の理由!雇用との違いや会社側のメリットとは?

チャットレディでも希なことではありますが、雇用契約が結ぶことができるという代理店も存在します。その場合は福利厚生を受けられるので、大きなメリットになるでしょう。
この場合は法的な条件を満たすことが必要で、ただそれさえクリアすれば社会保険に入ることもできるのでチャットレディとしてのデメリットがかなり軽減されます。

ではなぜ、働く女の子にとってメリットとなる雇用契約を結んでもらえる場合が極まれであるのでしょうか。

雇用契約ではなく業務請負契約であることの理由は以下の通りです。

業務請負契約は会社のメリットが大きい

業務請負契約にすることは、チャットレディではなく会社側に大きなメリットがあります。業務委託にすることで、雇用契約のアルバイト社員を雇うよりも支払う消費税の金額が大きく変わってきます。

業務委託の方が会社は経費削減や節税対策ができるのです。従業員を雇用して一定の条件を満たした場合は、社会保険に加入させる義務があります。
社会保険は雇用される側のメリットは大きいですが、会社側の負担がとても大きくなってしまいます。

そのため、働いた分だけ上限なく稼げるとしても業務委託契約の方が会社側にとっては得なのです。

アルバイトとの違いは多数

正社員という雇用形態と個人事業主は違うというのはすぐに理解できますが、アルバイトとの違いは理解できないという人もいるでしょう。
アルバイトと個人事業主の違いは仕事内容ではありません。

アルバイトは雇用契約なので、前述した社会保険(健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険)などに加入することができます。

健康保険や厚生年金は会社が費用の半額を負担してくれるので、金額も安く済みます。その分会社分を合わせて支払っている合計金額も大きくなるので、将来の受け取る年金額が大きくなるなど多数のメリットがあります。

雇用保険は加入することができたら、用件はありますが失業後に失業手当をもらうことが可能です。仕事を探す期間に失業手当を受け取ることができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

こういった恩恵を受けることができないのがチャットレディのような個人事業主です。
しかし別の面で見ると、アルバイトの場合は決められた時給の金額以上を稼ぐことはできません。

稼ぎたいからといって契約書の内容や労働基準法を超えた時間を働くこともできませんし、ほかの人のシフトの兼ね合いもあるので、好きなだけ働けるというわけでもありません。

この点チャットレディは、上限なく稼ぐことができますし働いた時間分だけ稼げるわけではなく短時間で効率的に稼ぐこともできます。どちらがいいのかは、その人の感じ方次第でしょう。

チャットレディの業務委託契約に不安があるなら代理店登録がおすすめ!

チャットレディは業務委託であることによってメリットやデメリットがあることがわかりました。確定申告などは知識がないと不安要素になるかもしれません。

そういった人には在宅勤務で働くよりも、代理店登録をおすすめします。代理店ならどこでもいいわけではありませんが、確定申告や納税に対するアドバイスを行ってくれるサポートが充実した代理店が存在するのです。

ブログ記事でランキング上位にあるチャットレディAlice福岡は、サポートが充実した代理店です。アリスでは、チャットレディの正社員化も採用していますよ。

個人事業主として働くのであれば、顧問税理士や経理スタッフのサポートを受けることも可能です。青色申告と白色申告どちらにするべきか、確定申告書の書き方、受けられる控除はどんなものかなど、詳しく教えてもらえますよ。

少しでも気になったら、経験も必要ないのでアリスに体験入店予約の電話やメールをしてみてはいかがでしょうか。

2022年3月15日 カテゴリー: アドバイス

▲ PAGE TOP

天神店line応募用QR
博多店line応募用QR
薬院店line応募用QR