身分証がいらないチャットレディサイトで働いても大丈夫? | チャトレのお役立ちコンテンツ

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。


身分証がいらないチャットレディサイトで働いても大丈夫?

身分証がいらないチャットレディサイトにはリスクがある

身分証がいらないチャットレディサイトで働いても大丈夫?

チャットレディは、在宅ワークも可能で、他のアルバイトと比べてみると高収入が期待できます。
そのため、福岡でもチャットレディとして働きたいと思っている人は多いのではないでしょうか?
注目度が高まっているチャットレディサイトに登録しデビューするためには、身分証の提示をしなければいけません。
身分証を提示することに対して不安を感じてしまう人もいるかもしれませんが、提示せずに働けるサイトはリスクが大きいということを知っておく必要があります。
なぜかというと、年齢確認などを行っていないことになるため、違法性が高い可能性があるからです。
それを踏まえて考えてみると、身分証の提示を求められるチャットレディサイトの方が安心して働けるでしょう。
今回の記事では、チャットレディサイトで身分証を見せなければいけない理由や登録時に有効な身分証、個人情報が悪用される心配はないのかといった点について解説していきます。
チャットレディとして働きたいと考えている人は、ぜひ目を通してみてください。

チャットレディサイトで身分証を見せなければいけない理由

まずは、チャットレディサイトで身分証を見せなければいけない理由にはどのようなものが挙げられるのかみていきましょう。

性別を確認するため

1つ目は、性別を確認するためです。
チャットレディという仕事は、どのサイトであっても女性しか働けないことになっています。
ライブチャットを利用する男性会員は、高い会費を払って女性と話をするために遊びに来てくれているからです。
もし、対応しているのが女性ではないとバレてしまった場合、これまで高い会費を払ってくれていたお客様を裏切ってしまうことになります。
そのため、どんなに綺麗だったとしても男性はチャットレディとして働けないのです。
お客さまの期待を裏切らないためにも、性別の確認は重要だと言えるでしょう。
男性でそのような仕事をしたいなら、チャットボーイサイトを探してみてください。

年齢を確認するため

2つ目は、年齢を確認するためです。
チャットレディは、基本的に18歳以上でなければできない仕事となっています。
人妻系に力を入れている場合はさらに上の年齢が対象となることもありますが、18歳未満はチャットレディとして働けません。
なぜかというと、チャットレディを含むライブチャットサイトは映像送信型風俗特殊営業と呼ばれる風俗営業に該当するからです。
風俗営業というと、いかがわしい雰囲気の店などを想像する人もいるかもしれませんが、ゲームセンターやカフェ、バーなども含まれています。
映像送信型風俗特殊営業を行うには、警察に映像送信型風俗特殊営業を行うという届け出を出さなければいけません。
そうすることで、風営法が適用となります。
風営法では、18歳未満の人が接客をしてはいけないとされているため、チャットレディとして働くには年齢確認が必要になるのです。

同一人物であることを確認するため

3つ目は、同一人物であることを確認するためです。
チャットレディサイトによっては、身分証だけではなく、身分証と自分自身の顔を一緒に写した写真が必要になることもあります。
それは、応募している人と実際に働く人が同一人物であることをチェックするためです。
同一人物であることを確認できれば、拾い物の身分証や友人・知人の身分証を使った不正登録を防ぐことができます。
そのようなサイトは、管理がきちんとしている傾向があるので、安心して働ける環境が整っている可能性が高いと思って良いでしょう。

登録時に有効な身分証はどれ?

登録時に提示する身分証は、何でもよいというわけではありません。
次に、身分証として使えるものと使えないものについてみていきましょう。

身分証として使えるもの

身分証として使えるものは以下の通りです。

・運転免許証
運転免許証は、様々な場面で身分証として活用できます。
日本において一番使いやすい見敏捷と言っても過言ではないでしょう。
結婚や転居などで名前や住所を変更する場合は、警察署で裏面を記入してもらってください。
そうすることで、確実に身分証としての効力を発揮します。

・パスポート
パスポートも身分証として使うことができます。
しかしここで気を付けなければいけないのは、日本政府が発行しているパスポートに限られてしまうという点です。
つまり、外国籍を持っていて日本に暮らしている外国人はチャットレディとして働くことができないということになります。

・顔写真付きマイナンバーカード
顔写真付きマイナンバーカードも、身分証として使うことができます。
写真や個人番号、住所、氏名、生年月日といった個人情報が記載されているカードです。
マイナンバーが発行された時に、通知カードが送られてきたのでそれでも使えると思っている人もいるかもしれませんが、マイナンバーカードとは別物なので注意が必要です。
自分で発行手続きをしなければいけないという点も注意しなければいけない点になります。

・写真付き住民基本台帳カード
写真付き住民基本台帳カードは、住基カードとも呼ばれています。
写真が付いていて、氏名や生年月日も書かれているため、身分証として活用できます。
ただし、今は発行が停止となっているので新規で発行することはできないという点に注意が必要です。

・社員証
社員証に、顔写真と氏名、生年月日が記載されていれば、チャットレディサイトへ登録する際の身分証として使えます。

・学生証
学生証も社員証と同じく、顔写真と氏名、生年月日が記載されていれば、身分証として使うことが可能となっています。
大学生や専門学生であれば誰でも持っているので、チャットレディサイトへ登録するために運転免許証やパスポートを新たに取得する必要はないということになるでしょう。

身分証として使えないもの

身分証として使えないものは以下の通りです。

・健康保険証
健康保険証は、身分証として使うことも多いので、使えると思っている人も多いでしょう。
しかしチャットレディの場合は本人確認をしなければいけないので、登録時の身分証として使えないケースが多いです。

・療育手帳や障がい者手帳
療育手帳や障がい者手帳は、心身に障害があることを示すものになります。
確かに本人を証明することはできるのですが、チャットレディサイトにおいては身分証として認められていません。

・公共料金の振込用紙
レンタルショップのように公共料金の振込用紙と保険証などがあれば、本人確認ができるケースもあります。
それと同じような感覚で登録しようとしても、できないので注意しなければいけません。
チャットレディの場合は、顔と年齢が確認できなければいけないからです。

・住民票
住民票もその保との情報が書かれている書類ではありますが、顔写真がありません。
中には、住民票で登録可能なサイトもあるのですが、基本的には使えないと思っておいた方が良いでしょう。

身分証を提示する方法や提示のタイミング

チャットレディサイトに登録する面接の時に、身分証の提示が必要になります。
面接の方法と身分証の提示方法は、サイトによって異なるので登録する予定のサイトがどのようなやり化を採用しているのか確認しておくと良いでしょう。
面接が事務所で行われるケースでは、面接時に持参することが多いです。
それに対して在宅でチャットレディとして働くケースでは、カメラテストの時に提示したり、身分証の画像データを提出したりします。

個人情報が悪用される心配はない?

身分証を提示するということは、個人情報をサイト側に伝えることになります。
そのため、個人情報が悪用されてしまうのではないかと不安に感じる人も中に入るでしょう。
しかし、身分証の提示を求めるチャットレディサイトでは違法行為となる個人情報の悪用をすることはほとんどないと言えます。
なぜかというと、個人情報保護法で私たちは守られているからです。
もし、個人情報を悪用したり、流出したりすると、刑事罰に処されるなど会社側にとって大きなデメリットが生じてしまいます。

また、大手サイトを含むチャットレディサイトでは、身分証のデータを送信する際にSSLと呼ばれる通信方法を採用しています。
SSLは、情報を暗号化し、安全にやり取りができる方法です。
サイトにデータを送っている最中に個人情報を他の誰かに読み取られたり、改ざんされたりすることはありません。

それだけではなく、大手サイトでは管理もきちんとされています。
個人情報を扱う際には、取得したものをきちんと管理しなければいけないとされているからです。
そのため、そのようなサイトなら安心してチャットレディとして働けるでしょう。

身分証を提示して安心して働きたいならチャットレディAliceがおすすめ

他の仕事と比べてみると高い収入が期待できるチャットレディとして働きたいなら、身分証の提示を求められるようなサイトへの登録を検討してみてください。
どのサイトを利用するか迷っているのであれば、福岡のチャットレディAliceがおすすめです。
チャットレディAliceは、健全な運営を行っているため、安全性も高くなっています。

2021年3月24日 カテゴリー: アドバイス

▲ PAGE TOP